保険の審査

保険契約は医師の審査が必要

生命保険などに加入する場合、多くは医師の審査が必要になります。
契約がスタートする要件としては、契約申込みがあることと医師の審査が終了していることと第一回の料金の払い込みが終わっていることです。
そのため、医師の確認がなければ契約はスタートできません。
契約をする場合には、契約者には告知義務があります。
過去の病歴や現在服用している薬などの情報を保険会社に伝える必要があるのです。
合わせて医師の審査も必要になりますが、保険会社は、告知された内容と医師からの情報によって契約者の状態を正確に把握するのです。
契約の種類にもよりますが、そこで得られた情報から加入が拒否される場合もあります。
また、もともとの契約に更新ができるという条項が入っている場合は、更新時に改めて医者の確認を取る必要はないというメリットがあります。
もし、更新条項がない場合には、新規契約と同様に医師の再確認が必要になってしまい、最悪の場合更新ができない可能性があります。

保険の審査を受ける際に注意したい点

新たに保険に加入する際、様々な審査を受けることがあります。
その際以下の点について注意しておかないと、様々な不利益が生じる可能性があります。
まず挙げられるのが自己申告で、簡単な医療商品等の場合、医師の審査を必要とせず、自己申告のみで加入できることがあります。
その際持病を隠して申告し、それが発覚した場合、保険金が受け取れない可能性があります。
また場合によっては損害賠償や刑事罰の対称となることがあります。
そのため予め正直に答えておかねばなりません。
次に挙げられるのが指定医療機関です。
現状の健康状態を把握すべく医療機関を受診することがありますが、その際指定された医療機関以外で健康状態のチェックをし、健康状態に問題がなくとも加入できない可能性があります。
特段の事情が無い限りは、予め指定された医療機関で受診されることをお勧めします。
上記の注意点をしっかりと抑え、適切な保険商品に加入することが重要です。

『保険 審査』 最新ツイート

@kum_usaa

休みが長期になると収入がない期間もそれだけ長いから一刻も早くほしいのに、休んだあとじゃないと申請できないし、さらにそこから審査してって、その間も税金だの保険だの払わないといけなくて、ワイ氏の生活成り立ちませんけど

1時間前 - 2019年02月23日


@sompo_2ji

保険業法に定める免許審査基準のうち算方書の審査基準は、①保険料及び責任準備金の算出方法が、保険数理に基づき、合理的かつ妥当なものであること②保険料に関し、特定のものに対して不当に差別的な取扱いをするものではないこと③その他内閣府令で定める基準

3時間前 - 2019年02月23日


@Kara02_syatiku

国民保険は申請すれば支払い免除になったりするぞ。審査はそんなに厳しくないから、就活中で少しでも出費を減らしたい人なんかにはオススメだ。ただし、定年後に受け取れる金額は免除を受けた分だけ減ってしまうから気をつけてくれ。

3時間前 - 2019年02月23日


Valuable information

2015/6/17 更新

COPYRIGHT(C) いざというときに ALL RIGHT RESERVED